» 2014 » 3月のブログ記事

白髪染めにはたくさんの種類がありますし、色も何種類かあったりしますよね。
また、メーカーもたくさんありますし、どうやって選んだらいいんだろう、と困ってしまった経験をお持ちの方もいるかと思います。

私は黒髪なので、当然黒の白髪染めがいいのかと思っていたんですが、実はそれがベストな選択だとは限らないようなんです。
白髪の量が少ない方は、自分がイメージしている色よりも暗い色に仕上がってしまうことが多いので、少し明るい感じの色を選ぶほうがいいというのです。

最初はピンと来なかったんですが、実際に試してみて確かにそのほうがいいと実感することができました。
また、白髪の量が多い場合でも、黒の白髪染めを選ぶと少し緑っぽい黒に仕上がってしまうことがあるので、黒に仕上げたいという場合でも、焦げ茶みたいな色を選ぶほうが自分の希望するような、素敵な色に染めることができるようです。

ちょっと緑がかった黒なんて素敵じゃないですからね・・
それだと、いかにも白髪染めを使ったかのような不自然さがでてしまう恐れもありますし、とにかく、どんな色にすればいいかわからない、という時は少し明るい感じの色を選ぶようにすれば大丈夫だと思います。

女性 笑顔20

白髪が多い人は染めている人が多いんだと思いますが、結構面倒ですよね。美容室でやる人もいますが、
ちょっと染めたい場合はそこまでする感じでもありません。母親が面倒だとこぼすので、なんか簡単な
やつ無いかなと思って探したら、トリートメントしながら染めるっていう白髪染めがあるではありませんか。
効果はよく分かりませんが、値段も別に高くないのでお試しで買ってみました。

お風呂は大体の人が毎日入るんだと思います。頭を洗った後にそれを使ってトリートメントするだけです。
簡単ですよね。トリートメントと一緒に染めるので髪への影響も少ないようです。

女性 シニア08最初は全然染まってないね、って話してたんですけど、回数を重ねるごとに染まっていきます。母は気に入ったらしくて、2回目は自分で買って来ました。

思ったよりも良かったんですけど、やっぱり不満もあって、若干ですが染まりが甘い気もします。母のやり方もあるんでしょうけど、それでも甘いかなぁって感じです。まぁしっかり染めたいならこういうのじゃなく美容室行けって思いますけどね。染まるというよりは、かなり目立たなくなると言った方が正確かも知れません。

結構美容室行くの面倒って人いるんでしょうから、それでも染めたければこういう商品もあります。バッチリ染めても時間経つと生えてきちゃいますから、継続して染めるには良いでしょう。値段も美容室より安いしね。気になった人は試して見て下さい。中には高い物もありますよ。

日頃から段々と増え始めてきた白髪ですが、白髪染めで中々と自分に合う商品が見つからないのが現実です。
原因としては染まり難いといったことが大きいです。
それで色々と試して見て今度はあっち今度はこっちと綺麗に染めるために色々と試すも結果はあんまり変わらなく、
むしろ染まっているのか?と首を傾げてしまいます。
ですがこれほど染まり難い髪質だといったいどうすればよいのか分からないでいます。
女性 悩み04
そもそも白髪染めには染まり易い方達もいらっしゃるようなので、私にもきっと合ったものがあると未だに探しては失敗続きの毎日なのです。
よく耳にして聞くことと言えば、しっかり塗りこみ時間を置いて洗い流すことですが、私もちゃんとそうやって染めているつもりなのですが、
何処か間違っているのか太陽の明かりに照らされると、どれだけ染まりきっていないかがハッキリと目で分かるほどなんです。
だから染め方がどうのと改善の問題なのかと考えているのですが未だに白髪染めは苦手と言いますか下手くそなのです。
最近ではもみ上げ辺りにも白髪が出てきたので、ここだけはしっかりと毎回塗りって放置してから流していますが、
さすがに綺麗に染まっているので何か方法があるのかもと考えて染めています。

花 オレンジ02白髪が部分的にでてきたので自分で白髪染めをしてみました。
頭皮が敏感なこともあり今回は刺激が少ないといわれているヘナを選びました
以前美容院でケミカルのヘアカラー(白髪染めではなく普通のヘアカラー)をした時に
頭皮が少ししみたことがあったのでそれ以来ヘア関連の商品選びには慎重になっています。
ヘナと一口に言っても色々な種類があり、ヘナ100%もあれば他の成分を足しているものなど様々です
頭皮、髪が敏感な方は購入前に成分をよくチェックされるとよいかもしれませんね。
私は今回ヘナをベースに色つきをよくするナチュラルな成分が入っているタイプをセレクトしました。
色もわりと豊富にあり色選びも楽しいです。

早速作業に入ります。女性 シャンプー3
シャンプーし、乾かした髪にヘナを塗布していきます。
ヘナはパウダーになっているメーカーが多いのでそれをボールにいれお湯を注ぎへらで混ぜて
ヨーグルト状にして髪にのせていきます
透明の手袋をすると手も汚れないのでおすすめです。
髪を小分けにして白髪部分に念入りに塗布します
私はフロント部分に白髪があるので鏡を見ながら自分1人でできましたが
後頭部に白髪がある方は確実に白髪に色を入れるためにも他の方に手伝ってもらうとよいかもしれません。

その後はヘアキャップを被り放置に入ります。
放置時間はメーカーによって違いますが私は今回1時間ほど置きました。
そしてシャンプーで洗い流しますが流す時にヘナの色がでるのでその色がでなくなるまで2,3回シャンプーを繰り返します。
私はシャンプー後トリートメントを軽くつけましたが、これはお好み、説明書通りでよいと思います。

さて、色は入っているでしょうか。
ドライヤーで髪を乾かし見てみると、白髪部分にきちんと色が入っています
自毛に近い色を選んだので白髪でない部分との差もほとんどなく綺麗に仕上がっています。
満足な結果となりました。
気軽に出来るのでこれからも使っていこうと思います。

白髪が少し生えてきたかなぁと気になり始めるお年頃になりました。
自分の白髪が気になり始めると、他人の白髪もついつい見ちゃうようになってきまして、
会社の同僚と「お、白髪発見」などと言い合って、猿のグルーミングみたいになったりも。
仕事しろと怒られそうですね。はい、すみませんがんばります。

女性 シニア07そんな目線でいると、親の白髪も気になります。
やはり人生の先輩、しっかり白髪ですね。
両親ともに白髪混じりになっていますが、父は全く気にしていない様子。
それどころか、白髪で貫禄が出るなどと謎理論を振りかざしています。
まあ一理あるのかな?
母はというとやはり女性ですから、染めようかな〜と思っていたようです。
白髪があるとくすんだ印象になるらしく、それは気になるようですね。
年相応の魅力というのはあると私個人は思うのですが、髪は人の印象に強い影響を与えますからね。髪型を変えただけで印象ががらっと変わったりしますし。
そんな感じでしたので、普段出来ていない親孝行をしておこうということで、母に白髪染めを買ってあげました。
髪染めというと薬剤を混ぜて髪に塗るタイプのみだと思っていたのですが、最近はお風呂でトリートメント感覚で使えるタイプがありまして
それをプレゼント。襟足や耳周りが染まってしまう心配がないようで、これは便利だと思いました。

はぁ〜、白髪染めも進歩しているのですね。私も今後のために色々調べておこうかなと思いました。