» 2014 » 12月のブログ記事

私が最近引越しをした時には、コストを出来るだけ少なくしていくことだけを優先したのです。どうしても引越し業者に依頼しなければいけないと思ったのは、車の中に入らないと思う物だけどしたのです。
9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s
引越し業者の担当者とも、電話で話したのですが、タンスをいくつかと冷蔵庫、そして洗濯機だけを移動するといくらになるか聞いてみたら、相当に安く済むことが分かったのです。

小物類は全てダンボール箱に押し込んでしまえば、私のマイカーにも何とか入るのです。引越し先は私の会社の近くになるので、毎日近くを通ると考えれば、その都度ダンボール箱を数個ずつおろしていけば、引越し作業がほとんど終わってしまうのではないかと思うのです。

ダンボール箱に関しては引越し業者に依頼しない考え方で、見積もりを勧めたのです。そして引越し当日になって担当者が来て、数回移動するだけでトラックに積み込みを完了しすぐに移動となったのです。

その際にも、私のマイカーには布団などが大量に積み込まれた状態でした。そして引越し先に移動して、引越し業者が荷物を全て下ろした時点で作業が完了となりました。移動時間を込めても2時間程度の作業で全て完了です。

コストを抑えることも出来たし、作業スピードも速くて満足な引越しとなったのです。

アップライトピアノの引越し料金について→アップライトピアノ 引っ越し 相場

引越しをするときは、家財道具を減らす事が重要だと思います。引越し業者も少ない家財道具だと安く見積もってくれるし、あまりに少なくなった場合は、引越し業者に依頼せずとも自前で全て引越しを完了させることが可能になるかもしれません。
4aec693c69d08855333761e28ded6f1c_s
その時のポイントはリサイクルショップを有効に利用するということです。ウインドエアコンや、洗濯機、アイロンや、電子レンジ、食器棚や整理ダンスなど、家財道具のほとんどはリサイクルショップで売る事が可能です。

見た目には十分使えるものでも、もう何年も使い見た目にも飽きている家財道具があれば、このあたりで処分してしまうのも良い方法なのです。粗大ゴミで捨ててしまうわけではなく、次の人にバトンタッチするだけなのでそれ程罪悪感はないはずです。

少しばかりの料金を頂けるので、この料金を元にして、引越し先では新しい家財道具を購入すれば良いのです。そのように考えて行けば、家財道具のほとんどを処分の対象になってきます。引越し業者に数万円支払う事を考えれば、思い切って処分することは悪い事ではないと思えるのです。

古いものを大切に保管する考え方も大事ですが、無駄にスペースを所有している物を無くす考え方も必要なのです。